施設・設備

写真

診断用X線装置 X’sy Pro
インバーター式高圧装置により人体に吸収される無駄なX線を抑え、少ない被ばく量で効率の良いX線検査ができます。

写真

超音波骨密度測定器
Ⅹ線検査ではありませんが、超音波骨密度の中では信頼性が高く、踵骨(かかと)で簡易的に測定でき、骨粗しょう症を早期発見することができます。 人間ドックや検診などで多く使用されています。

写真

パワープレート
三次元の微細な振動を起こすプレートに乗ることで、短時間で効果的なトレーニングを可能にするマシンです。マシンの微細な振動が体に作用することで、筋力アップ・ストレッチ・マッサージをもたらします。当クリニックでもリハビリテーションの理学療法の一つとして用いられています。

写真

レッグプレスマシン
下肢筋全般の筋肉を強化し、立ち上がる、座る、しゃがむ、歩く等の動作、日常生活に必要な筋肉を付けていきます。

写真

レッグエクステンション
大腿四頭筋、特に内側広筋を強化し、可動域を拡大することにより歩幅が広がり、膝が安定します。

写真

エアロバイク
効果的に有酸素運動を行うことができます。また、変形性膝関節症の予防や治療、筋持久力向上のために使用します。

写真

トレッドミル
高齢者の歩行練習からスポーツ選手のリハビリまで幅広く対応できるランニングマシンです。

写真

動的ストレッチマシン
リラックスして脱力しながら筋肉を弛緩させ、動かすことで関節可動域を広げたり、筋肉の連動性を高める効果があります。

写真

低周波治療器 ポラリスカイネ
幅広い治療周波数により、強く柔らかく、従来にない新しい感覚の刺激で筋肉のマッサージや関節などの疼痛を緩和します。

写真

干渉波治療器 スーパーカイネ
周波数が異なる2つの電流を患部に流し、筋肉を収縮させ血流を改善し、痛みを緩和します。

写真

ステレオダイネーター
立体動態波という最新の治療システムが搭載され、3つの電極から中極波を流すことで体のより深い部分を立体的に刺激することができる医療機器です。

写真

マイクロ波治療器
マイクロ波は、波長が短く、体表に近い部分の血行改善、新陳代謝の促進に適しています。膝や肘の治療によく使います。

写真

超音波治療器
超音波の振動エネルギーにより、温熱作用やマッサージ作用がはたらき血液やリンパなどの末梢循環がよくなり代謝を高めます。

写真

ホットマグナー
患部にパックを当て、微振動が伝わりマッサージ、温熱効果で深部まで温めることができます。

写真

平行棒
歩行練習に使用します。

写真

トルマリンホットパック
純度100%、トルマリンを使用し、じんわりした自然な温かさが持続します。

写真

牽引装置
牽引療法は腰椎牽引と頸椎牽引があります。牽引部位の筋スパズムの改善や椎間開大の手助けをします。

写真

ローラーベッド
ベッドに内蔵されたローラーが、3つのモードで優しくマッサージしてくれます。

写真

マットプラットホーム
理学療法士による様々な治療を行うための専用台です。

写真

遠赤外線
遠赤外線の作用により、穏やかに深部まで温め、新陳代謝を促進し、痛みを緩和します。